スワップポイント投資とは

9月 15th, 2015

通貨にはそれぞれ、政策金利というものが設定されています。これはその通貨を保有しているだけで発生する金利のことで、金利が高い国の通貨を保有していればそれだけで利益が発生することになります。そんな政策金利が通貨によって違っていることを利用して行うのが「スワップポイント」という投資方法です。

この方法は「通貨金利の低い通貨」に売り注文を入れ、「通貨金利の高い通貨」を買い注文を入れることによって行われます。これにより、両者の通貨金利の違いの差額分だけの利益を得ることが出来るわけです。ちなみに日本における通貨金利は0.5%程と非常に低く設定されています。これに対してアメリカでは2.0%、ユーロでは4.0%、オーストラリアドルでは7.25%というような金利が設定されています。

ただし、このスワップポイントはノーリスクで行える投資というわけではありません。金利が高い国の通貨というのは要するに経済成長しているという証であり、そのままその通貨として保有しているとインフレーションによって利益が相殺されてしまうことになります。結局手数料分で損をする、ということにもつながるため、当該国の通貨状況をよく観察して選ぶ必要があります。

Leave a Reply