スワップポイントを利用した投資

9月 28th, 2015

FXでの投資は「投機」と呼ばれる方式で行われることも少なく有りません。これは機会に投資するという意味であり、長い間所有していることによって利益を挙げるという方法ではなく、短い期間に売買を繰り返すことによって利益を拡大していくという方法です。新興国のように通貨価値がまだ安定していない、変動が激しい通貨によって行われることが多い形式で、短期間で大きな利益を得ることが出来る可能性がある反面で失敗した場合のリスクが大きいというデメリットを抱えています。

こういった方法については、「トルコリラfx.net」にも詳しく紹介されています。

投機の方法については特に「スワップは金利と連動する」というページをご覧になって頂くと良いでしょう。前述のような方法は「スワップポイント」という投資方法となります。スワップポイントとうのは金利差調整分のことを指しており、低金利の通貨と高金利の通貨の金利差を利用して利益を挙げる、という方法です。

日本円が0.1%という金利であるのに対して、トルコリラは7.5%という政策金利を設定しているため、スワップポイントによる利益を上げやすいという特徴があります。大きなポジションを確保すると、より大きな利益になります。

Leave a Reply