FX取引、高金利通貨からスワップポイントを得る

7月 11th, 2016

FX取引という名前を聞いたことが無い人は今ではほとんどいないと思います。
インターネット上にはたくさんの広告が出ていますし、書店に行けば今度はたくさんの解説本がならんでいます。

FXというのは「Foreign eXchange」の略で通常は外国為替それ自体を表します。
そうなのですが、現在日本で「FX」と言ったときはデリバティブ商品である「CFD」のうち外国為替を取引対象にした取引契約です。
デリバティブ商品ですので外国通貨の現物を売買するわけではありません。
外国通貨の交換レートを売買しているようなものでしょうか。

FX取引はCFDであって、証拠金取引であるということです。
「証拠金取引」というのは一定額の証拠金を担保として拠出することで、その数倍から数十倍の金額で取引を行える取引契約です。
つまるところ、比較的少額の元手があれば、場合によっては、その数十倍の金額の資金の運用が可能になるということ。
この為、一般の個人投資家にも人気があるようです。

CFDであるFX取引では通貨を取引した金額が受払されるのではありません。
買った額と売った額の差額が受払の対象になります。
この為CFD(差金決済契約)と呼ばれています。
差金決済契約であるFX取引の利益の出し方は特定の通貨を安く買って、これを売った時の交換レートの差額です。

FX取引の収益の中心は通貨間の交換レートの変動による差額です。
しかしFX取引では通貨を発行する国の利率で金利を受け取ることができます。
売る側の国の金利は支払わなければならないので、結局受払する額は二つの通貨の金利差の額です。

そして差額のことをスワップあるいはスワップポイントなどと言います。
高金利通貨の買いポジションを取り、そのまま営業日を繰り越します。
こんな繰り越しのことをロールオーバーと言います。
ロールオーバーを行った場合、ロールオーバーを行った日にち分だけ二つの通貨の金利差を受け取ることができます。
そしてスワップポイントがある為、FX取引では例えばトルコリラのような高金利通貨が注目を浴びます。

Leave a Reply